うまく気持ちを伝えられない – シカケテガミが気になる

雑記

こんにちは!!
ぷるぷるほっぺ家族パパです。

先日うちのムスメも無事幼稚園を卒園。
楽しく過ごした時間に区切りをつけ、小学校に入学します。

そんな娘に、「大切に思っているんだ」ということを伝え、小学校でも負けずに頑張ってほしいのです。
気持ちを伝えるのに良い方法は無いかと探していて思い出したのです。

【シカケテガミ】 ってご存じですか?

目次

「大切に思っている」ということを伝える

プレゼントに気持ちのこもったDIYも大好きですが、商品として販売される品質のオリジナルな物が出来上がるならそれの方が良いはず!
今の気持ちを形にしておくことが、市販の製品グレードの本(絵本)で出来るのです。

ムスメをとても大切に思い、愛している気持ちを、伝えて安心させてあげたいのです。
今はまだ小さいですが、将来、ムスメが悩んだり困ったりしたときに、パパもママも(生きていなくても)この上なく大好きなんだということを伝えたいのです。

ママにいつもありがとう。
ケンカになっても、臭いと罵られても、パパはママを大切に思っているのです。

そのことを伝えるために、そのことをきちんとママやムスメが喜ぶ形で記録しておくために、これから紹介する「シカケテガミ」を利用するのです。

「シカケテガミ」では、最後のページ以外の数ページはストーリーを選ぶことで絵本は作られます。
簡単に心のこもったものを作るには良い方法です。

最後のページには、自分なりに心のこもったメッセージを書き足せます。
全角で21文字を8行分入力できますので、十分でしょう。

長さが足りないと思う方は、より文章を研ぎ澄ましてください。
長いから良いというわけではなく、短く気持ちを伝えることが大切なのです。

気持ちがママやムスメに届きますように。

将来のことは分からない

将来のことは誰にも分かりません。
相手のあることですので、自分の気持ちだけでは解決できないようなことになる可能性も十分あります。
あるいは、自分が亡くなってしまうことも考えられます。

今の気持ちを自分で書き残すことは難しくありません。
このブログだって残る可能性はあります。
でもそんな日常的なことではなく、少しでも見栄え良く、少しでもすごいものを残したいと思いませんか?

ムスメには(特に大人になってから)、本を作ってくれたんだって分かると思うのです。
ママには、手紙とは違うことで、プレゼントすることで、いつもとは違った気持ちが伝わるはずです。

シカケテガミの紹介

TVなどで紹介されている【シカケテガミ】
メッセージ入りのオリジナルの絵本を作れるサービスです。
画期的なのは、ほとんどの物語を選んで作り上げ、最後のページに自分のメッセージを入れられること。
すべての物語を作成する必要はないのです。
気持ちを考えて短い文章を作ることだけで良いのです。
長ければ良いわけではないのです。

市販されている絵本と同じグレードで作成できて、少しおちゃらけた感じの帯付きで作成されます。
専用のギフトケースに入れられて届けられるので、とてもうれしいプレゼントになりますよ。

子供が、まだ字が読めなかったりしても大丈夫。
絵本として楽しめるます。

さらに、子供へプレゼントする絵本では、隠しシールでメッセージを隠しておきます。
将来いつか分かりませんが、何かあったときに、シールをはがし、きっとメッセージを見てくれるでしょう。

隠しシールはシールと気付きにくくできています。
「When you grow up, remove this sticker.」と英語で書かれているので、英語の意味が理解できるようになってからめくるのも良いですね。

気持ちを伝えること

普段、気持ちを伝えることって少ないですよね。
思っていても、あまり口にしないですよね。

口から表現するのが恥ずかしくても、手紙で表現するのが恥ずかしくても、「シカケテガミ」なら立派な本として、気持ちが伝えられます。
市販グレードの本としての出来上がりなので、気軽にふざけ気味にでも渡せるのが強みですね。

きっと気持ちは伝わります。
この「シカケテガミ」のミソは最後のメッセージなので、よ~~~く考えて作成しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる