ほぼ糖尿病になりまして・・・

メタボ

まいどどうも。
健康診断で病院へ行けと診断された、ぷるぷるほっぺ家族パパです。

長年いわゆる予備軍だったのですが、ついに健康診断で血糖値が糖尿病の数値になりました。
残念ですが仕方ありません。

糖尿病は多くの方が困っている病気なので解説はよそに任せます。
パパはブタなので、確実に2型の糖尿病です。
要は痩せることが、糖尿病脱出への道です。
おやつはともかく、食べることは大好きなので困りました。

パパが困っても、家族に迷惑かけるわけにはいきません。
糖尿病は体質のせいかも知れませんが、食べるものは我慢するしかありませんね。
それ程、悪いことをしてきたつもりはないですが、なったものは仕方がないので考え方を切り替えなければなりません!

お酒も週に1・2度たしなむ程度なので、食べるものを制限していくしかありません。
運動もしていくつもりですが、朝早くか夜遅くしかできません。
そのためには家族の協力が無ければ難しい面もあります。
ムスメが小学校へ行きだすまでは無理かもしれませんね。

食べると良さそうなもの

予備軍のころからの調査と経験で、以下のものを積極的に食べていこうと考えています。
全く関係のない場合もありますので、マネするなら自己責任で。

推奨される食べ物

「過ぎたるは及ばざるが如し」、2・3日に1回程度食べれば良いでしょうか。
食べすぎと偏食には注意して、摂取していきます。

野菜とドレッシングの問題

やはり、食物繊維を摂るべきだと思われます。
パパはサラダが好きなのでそれほど苦ではありません。
でも、サラダと言うよりもドレッシングが大好きなのです。
ドレッシングもノンオイルなどのカロリーの低いものに考えないといけませんね。

宅配食

いくら気を付けても、夕食をとりすぎてしまうので、いっそ宅配食に変えてしまうほうが良いかもしれません。
検討しているのは以下のブランド。

ミーハーなのでライザップが試したいですが、ナッシュ・三ツ星ファームもおいしそうです。
価格的に安いのは、まごころケア食ですね。

単発で頼んで全部を試してみるべきでしょうか。

朝昼晩3食

パパは元々、朝食を食べたり食べなかったり。
結婚する前は食べませんでしたし、ムスメが大きくなってきてからは、ムスメの残したものを食べるのが日課になっています。

昼間は会社にいるので大抵何かを食べますが、夜はディナーの残りと自分の分を食べて、お腹いっぱい以上に食べることが多いです。
これはパパが貧乏性で残すことが出来ないからです。
この悪い習慣を変えていかなければなりません。

貧乏性=貧乏症

糖尿病の食事療法として、朝昼晩決まった時間にバランスよく腹八分目で食事を摂るように書かれています。
書くのは簡単ですが・・・・貧乏(症)は糖尿病とは違う種類の病気ですね。

子供のころ、確かに裕福な家庭ではありませんでしたが、貧乏と言うほどのこともありませんでした。
でも、物は大切に無駄なく使うよう教育されてきたのでしょう。
そのせいか、食べ物を残したり捨てたりすることに抵抗があります。
腐りかかっていても食べてしまう感じですので問題ですね。

別に親をどうこう言うつもりはありませんが、貧乏症に打ち勝つのは大変なのです。

緩やかに挑戦が始まります

血糖値検査
検査時の指先を刺すのが痛そうなんですよね。
痛くないという人もいらっしゃるようですが・・・。
インシュリン打つのも痛そうだし・・・。

糖尿病との戦いが緩やかに始まります。

どこかまで行くと、血糖値の自己検査や手足先の切断など、恐ろしいことになるのが糖尿病です。
もちろん合併症も恐ろしいですので、何もかもから怖がって生きていかなければなりません。
最初にも書きましたが、ママに負担をかけないよう、ムスメが大きくなるまで頑張らなければなりません!

まずは食べるタイミングを考え、量を減らして、痩せることを目標にしなければなりません。
効果が出ることが分かればお知らせする所存です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました