ビストロ(Panasonic NE-CBS2700)で生チョコレートタルト

チョコレートタルト
目次

おうち時間にタルトはいかがですか?

もうすぐバレンタインですね。

デパートの催事の季節ですが、あまり出かける雰囲気ではなさそう・・

うちの幼稚園も休園ばかりです。疫学調査が終わるまでは、外出を控えるように連絡がきています。

おうち時間も増えるばかりで、どうやって時間をつぶそうか毎日考えています。

そういうご家庭も多いんじゃないかな?と思っています。

急に思い立ったときでも簡単な材料・準備も簡単・親子で作れるデザートを考えてみました。

オーブンをつかわないで出来る「生チョコレートタルト」をシェアしたいと思います。

生チョコレートタルトのレシピ(15cmタルト型1台分)

<タルト生地>

ビスケット 80g

※今回はメーカー:MORINAGAを使いました。

無塩バター 50g

<生チョコ生地>

ブラックチョコレート 50g

ミルクホワイトチョコレート 40g×2枚=80g

ミルクチョコレート 100g

合計 230g

※家にあったチョコレートをかき集めただけです。全体量 230gであれば、全部ミルクチョコレートでも大丈夫です。

※全てブラックチョコレートだと苦くて大人味です。それ以外の割合であれば、どんな割合でも230gになればOK!

生クリーム 110cc

無塩バター 20g

<デコレーション>

粉糖またはココアパウダー 適量

※使わなくても十分おいしいです。

※アラザンでも、カラースプレーでもお子様が楽しめるデコレーションをしていただけると更に楽しく出来上がると思います。

生チョコレートタルトの作り方

<タルト生地作り>

ポリ袋(今回は森永を使いました)にビスケット(80g)を入れ、綿棒やコップなどで細かく砕きます。

※おこさまと一緒に作る場合は、綿棒で叩くと危ないです。転がすようにしてください。

無塩バター(50g)をレンジ(Panasonic NE-CBS2700)で1分加熱して、溶かしバターにします。

ビニール袋に溶かしバターを入れ、よく揉み込みます。

型にオーブンシートをひきます。

型がない場合は、牛乳パックの長方形の面を一面カットしてオーブンシートをしいてください。

ビスケットを型にいれて、ヘラなどでまんべんなく敷き詰めます。

冷蔵庫で一時間冷やします。

<生チョコタルト生地>

ブラックチョコレート(50g)・ミルクホワイトチョコレート(80g)・ミルクチョコレート(100g)をボールに割り入れます。

割入れたボールに生クリーム(110cc)・無塩バター(20g)を入れます。

ふんわりラップをかけて、Bistro温め機能75℃( Bistroではない場合は、レンジで1分30〜2分)加熱して溶かします。

まだ塊がある状態です。

なめらかになるまで、よく混ぜあわせます。

先ほど冷やした<タルト生地>生地に注ぎます。

3cmぐらいのところから型を何回か落とすと気泡が上にあがってきます。

つまようじ等で気泡をつぶしてください。

気泡が取れたら、冷蔵庫で3時間冷やし固めます。

型から取り出し、デコレーション用の粉砂糖をふって完成です!!

※切り分けるときは、包丁を温めてから切るとキレイにカットできますよ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる